Beyond the Infinite Two Minutes is a 2021 comedy science-fiction film that follows a cafe owner who discovers that a TV in his cafe displays images from the future, but only two minutes.

As part of our Fantasia 2021 coverage. we interviewed the director of Beyond the Infinite Two Minutes, Junta Yamaguchi — who won the Best Asian Feature and Special Mention at this year's festival. 

What was the driving force for Beyond the Infinite Two Minutes?

『ドロステのはてで僕ら』を作るにあたり原動力となったものは何ですか?
脚本の上田誠が考えたこの映画の仕組みそのものが、ものすごく面白い映像の発明だったので、それ を使って映画が撮れること自体が、僕自身のものすごい原動力となりました。

The mechanism of this film, which was conceived by the screenwriter, Makoto Ueda, was an extremely interesting visual invention, and the fact that I could shoot a film using it became a tremendous driving force for me.

What was it like working with the screenwriter Makoto Ueda?

脚本家の上田誠氏と一緒に仕事をした感想をお聞かせください。
僕たちは、ヨーロッパ企画という同じ集団に属していますので、普段から映像の制作も行なっていました。 しかし、この映画の場合は、時間の計測を正確に行う必要がありましたので、普段よりも協力し合いなが ら制作しました。本当に大変でぶつかることもありましたが、完成した映画に上田が満足してもらえたの で、本当に良かったと思っています。

We belong to the same group called Europe Kikaku, and we also get involved in video productions on a regular basis. However, in the case of this film, it was necessary to accurately measure the time, so we worked together more than usual. It was really challenging and there were times we had a clash of ideas, but I’m happy that Ueda was satisfied with the finished film.

What was the casting process like for Beyond the Infinite Two Minutes?

『ドロステのはてで僕ら』のキャスティングはどのように行われたのでしょうか。
ヨーロッパ企画は、演劇集団でして、俳優も所属していて、その全員が出演しています。 そして、ゲスト として、ヒロインに朝倉あきさんに出演していただきました。朝倉さんは僕が大ファンだったことと、ヨー ロッパ企画とのお芝居のアンサンブルがきっと素晴らしいものになると確信していたので、オファーさせ ていただきました。

Europe Kikaku is a theater group, and actors also are part of it, and all of them performed in the film. And as a guest actor, we had Ms. Aki Asakura as the heroine. As I was a big fan, I was sure that the ensemble of the performance with Europe Kikaku would be wonderful, so I made an offer.

What camera was used to film the movie?

撮影にはどのようなカメラが使用されましたか?
DJI の Osmo Pocket です。

Osmo Pocket by DJI.

It’s very impressive that the film is shot in one take. Due to this and the complexity of time travel, how did you plan and execute the directing process?

この映画はワンカットで撮られているのがとても印象的でした。その手法とタイムトラベルの複雑さ を考 慮して、どのように監督する過程を計画し、実行したのでしょうか。
従来の日本映画とは違うものにしたいという思いが強くありました。
大人数の登場人物全員にしっかり見せ場があり、かつカフェの雰囲気を生かした作品にすること。そし て、時間の整合性は完璧に仕上げること。ものすごく大変な制作にはなりますが、その小さいこだわり の集積が、70 分間観客のみなさんに怒涛のように押し寄せる映画にしたかったです。 特に時間の管理 に関しては注意を払っています。脚本家が現場でストップウォッチを持ちながら常に時間計測をして、2 分の時間差をチェックしていました。

I had a strong desire to make it different from traditional Japanese movies. All the characters should have their own highlight, and make the most of the cafe atmosphere. And to perfect the consistency of time. It was going to be an extremely challenging production, but I wanted to make a film in which the accumulation of small details rushes like raging billows to the audience for 70 minutes. We paid particular attention to time management. Our screenwriter kept a stopwatch on set and constantly timed the two-minute difference.

Can you tell us about the cinematography in Beyond the Infinite Two Minutes?

『ドロステのはてで 僕ら』の撮影技術について教えていただけますか?
特に難しい撮影技術や合成は一切行っていません。それには今の観客は見飽きているはずだからで す。小細工はせず、シンプルな撮影しています。ただ、それが大変だったのですが(笑)

There was no particularly difficult shooting technique or composition. That's because the audience today must be tired of it. We didn’t do any tricks and just shot a simple movie. But it was hard. (laughs)

What were your favorite parts of filming, Beyond the Infinite Two Minutes?

『ドロステのはてで僕 ら』の撮影で特に楽しかった体験についてお聞かせください。
クライマックスシーンは、脚本の段階で実は異なる展開でした。撮影していくにつれ、違和感を感じ始め ていたら、脚本の上田も同じことを思っていて、脚本を書き直してくれました。それがものすごく良いもの だったので、とても興奮したことを覚えています。

The climax scene actually had a different outcome in the script. As we filmed, I started to feel something was not quite right, so did Ueda, and he rewrote the script. I remember being very excited because the result was so good.

Which films and directors have influenced you as a filmmaker, including Beyond the Infinite Two Minutes?

『ドロステのはてで僕ら』も含めて、映画制作にあたり影響を受けた映画や監督について教えていた だけ ますか?
多くの映画監督に影響は受けていますが、中でも、押井守監督、ジェームズ・ガン監督、ミシェル・ゴンド リ ー監督。この3監督の作品を観ていなかったら、今の僕はないと思います。

I was influenced by many filmmakers, but Mamoru Oshii, James Gunn, and Michel Gondry especially inspired me tremendously. If I hadn't seen the works of these three directors, I wouldn't be where I am now.

What are some of your favorite movies from the past decade?

過去 10 年の映画で好きな映画をいくつか挙げてください。

A Beautiful Mind (2001)
Guardians of the Galaxy Vol. 2 (2017)
Bohemian Rhapsody (2018)

Which themes and subject matters interest you as a filmmaker?

映画制作者として、どのようなテーマや問題に興味がありますか?
僕個人は、現在の家族や友人、恋人との関係性をテーマにした作品に興味があります。コロナの影響 で、従来とは違った激しい変化が求められていますので、現在だからこそ描けるテーマがあるはずだか らです。

Personally, I am interested in works that deal with the current relationship with family, friends, and lovers. Due to the impact of the coronavirus, there is a need for drastic changes that are different from the past, so there must be themes that can be created only now.

Comments